オススメリンク

早期発見が大切な乳がんの検診、受けていますか?まだなら乳腺外科医のもとで乳がん検診・乳腺科診療を受けましょう。
胃がんの治療方法などが詳しく分かる!「胃がん治療にかんする情報まとめサイト」
重大な病気、胃がんについての情報サイト、免疫細胞療法など、がんについての詳しい治療法なども載っていますのでぜひご覧ください

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

postheadericon 胃がんについて

がん治療を行う病院の説明書き

胃がんは日本人がなるがんのうち、肺がんについで2番目に多いものと言われています。初期症状が分かりにくいので、自覚症状が出る頃には手遅れになってしまっているケースも少なくはありません。

胃がんの原因としてあるのは、タバコや塩分を採り過ぎるなどの食生活の乱れ、ストレスなどがあげられます。

治療法としてもっとも効果的なものは、手術でがんを切除することですが、がんが広がっている場合にはすべてを取り切ることは不可能となります。その場合は化学療法を合わせた治療法を行うことになります。

postheadericon 注意点

がん治療を行う病院の注射

胃がんの注意点は、胃の不快感や痛み、胸やけ、食欲不振の症状が現れることです。乳がんでは乳房のしこり、くぼみの症状や乳頭の分泌物やただれ、乳房皮膚の発疹などがあると可能性があります。肺がんでは、せきやたん、特に血たんが続き、胸の痛みがあると可能性があります。

どの症状も早期発見・早期治療を行うと命を落とすことがないので、専門の医療機関に受診すると良いです。また、定期的な健康診断を受けると安心できます。

postheadericon 胃がんとは

がん治療を行う病院の皮下注射

胃がんとは、胃に悪性の腫瘍ができて、それが原因で周囲の正常な細胞も悪性に変えたり、死滅させたりして、人の身体に悪影響を与える病気です。

がんは日本人には多い死亡原因のひとつですが、まだ完全な治療方法も確立されておらず、これからも研究が必要な病気です。

またこの特徴として、他の部位にも転移するために、乳がんになったり、肺がんになったりすることもあり、そうなると治療部位は胃だけにとどまらず、また知らないうちに気付かない部位に発症することもあります。

postheadericon 肺がんの話題性

がん治療を行う病院の救急車

肺がんの話題性は他のがんに比べて、嗜好品である煙草が原因で花井かという仮説に基づく大々的な禁煙キャンペーンにより、万人が共通の話題を共有することができるほどに強力なものであるといえます。これは胃がん防止のための禁酒キャンペーンや、乳がん検診を啓蒙するキャンペーンなどと比べても歴史も認知度も高く、肺がんと煙草がセットになって話題に上ることがほとんどです。

しかし、煙草以外の原因については知られておらず、知識の偏りが懸念されています。

postheadericon 最も発症者が多い肺がん

がん治療を行う救急病院

肺がんはすべてのがんの中でも発症者が最も多いものとなっており、我が国においてもがんによる死亡者数のトップを占める状況となっています。胃がん、乳がん、大腸がん、子宮がんとともに主要五大がんの一つとなっており、厚生労働省ががん検診による効果が認められるとして受診を推奨しています。

肺がんが生じる部位は大きく分けると、気管支から肺へとつながる肺門部と肺の奥深い部分に当たる肺野部とに生じます。肺門部に生じたがんは喀痰検査や内視鏡検査で発見されるケースが多く、肺野部に生じたがんはエックス線検査で発見されるケースが多いという違いがあります。

発症の最大の原因とされているのは喫煙で、喫煙を開始する年齢が早ければ早いほど発祥する可能性が高いことが知られているほか、1日当たりの喫煙本数と喫煙を開始してからの年数を掛け合わせてはじき出される数値と発症するリスクとの間にある程度の相関関係があることが知られています。